学会のこれまでの歩み

1993.11.14
「景観」の発見:村の文化祭(収穫祭)の日に藤澤和講演、演題「今年の冷害大凶作をいかに乗り越えるか」、講演要旨:地域にはへそがある、そこを中心として風土・風景・”景観を喰って生き延びよ”と提言(注、当該集落は1993年度分の米の収穫量ゼロ、限界集落)於山形県西村山郡西川町小山公民館(児童館)、集落民全員集合

1994.04.01
景観問題研究会設立、スタッフは角田幸彦(景観哲学)、井川憲明(感性工学)、藤澤和(景観工学)(藤澤和)、渡辺直道(景観植物)の4名で5年間共同研究。業績:Landschaftから景観へ、そしてKEIKANへ(「景観環境論」1999.10.25(株)地球社)

1999.09.09
「景観学会設立趣意書」日本の学者100名に発送(賛同回答者56名)

1999.10.04・30
学会設立準備委員会開催、出席者:武者利光、井川憲明、渡辺直道、藤澤和、生方卓、田路貴浩、柳沼倫彦ほか

1999.11.03
「日本景観学会設立記念大会」於:明治大学生田校舎AVホール、184名参加

講演:内田芳明、武者利光、藤澤和ほか(学会誌Vol.1)

2000.08.10
明大神田大会(第2回)、於:明大お茶の水校舎、実行委員長い藤澤和、

初代学会長:黒川紀章就任挨拶、講演:馬場璋造、向殿政男、川村晃生、藤澤和ほか(Vol.2)

2001.08.31
山古志村大会「棚田と錦鯉と闘牛と」(第3回)、実行委員:長島忠美,藤澤和、籾山次郎、ほか、於:山古志村役場

2001.11.18
東京大会(第4回)「都市景観の再構築」講演者:黒川紀章(日本景観学会長)、仙田満(建築学会長)、佐藤洋平(農業土木学会長)ほか、於:建築学会ホール、実行委員:馬場璋造(Vol.3)

2002.09.01
川越大会(第5回)「川越のまちづくりと景観形成」於:川越氷川会館、講演:石黒哲郎、内田雄造、舟橋功一、可児一男ほか、実行委員:馬場璋造(Vol.4)

2002.10.01~04
Landscape Frontier International Symposium 2002,組織委員長:岩田修一、講演:黒川紀章、馬場璋造、藤澤和ほか、於:北九州国際会議場

2003.02.12
誉会長伊住政和逝去(裏千家総務)業績:初代会長黒川紀章推薦、茶道と自然美との和合を探求

2003.10.19
松山大会(第6回)「城の見えるまちなみ景観」、講演:黒川紀章、長谷川孝士、ほか、実行委員:佐藤晃一(学会誌Vol.4)

2003.11.08
京都大会(第7回)「景観資源の保存と創造」澤田敏男学会名誉顧問挨拶、講演:田村善子、森本幸裕子、ほか、実行委員:三野徹・嘉田由美子、牛野正ほか(Vol.5)

2004.06.18
網走大会(第8回)、「農地・農村の景観」実行委員:梅田安治、会場:網走セントラルホテル、参加者:120名(学会誌Vol.6)

2004.12.18
東大本郷大会(第9回)「景観学の構築に向けて」、講演:黒川紀章、田中真紀子、尾島俊雄(景観三法)、三野徹ほか、実行委員:山路永司(Vol.6)

2005.06.28
熱海大会(第10)「景観の主体を問う」講演:黒川紀章、向殿政男(FUZZY論)、鈴木智恵子ほか、実行委員:尾島俊雄・馬場璋造・藤澤和ほか、於:「起雲閣」(Vol.7)

2006.03.12
諏訪湖大会(第11回)「景観ルネッサンスの風を諏訪湖から」基調講演:オギュスタン・ベルク(仏)、伊東豊雄ほか、実行委員:黒川紀章・馬場璋造・藤澤和ほか、(Vol.8)

2006.10.14
旧山古志村復興支援、激励文届ける、係:山路永司【コーラス】・藤澤和ほか

2006.12.01
「日本景観学会」商標登録認可(特許庁)

2006.12.08
早稲田大会(第12回)、実行委員:尾島俊雄、於:早稲田大学理工学部教室

2007.01.17
黒川紀章文化功労者受賞記念祝賀会」実行委員:馬場璋造・藤澤和ほか、於:國際文化会館(樺山ルーム)、参加者:尾島俊雄、田中真紀子ご夫妻ほか、

2007.10.12
初代会長黒川起章逝去(1934~2007)

2007.11.22
「日本学術会議協力研究団体」加盟認可

2008.02.01
第2代学会長就任:尾島俊雄(早稲田大学理工学部長)

2008.03.16
法政大学大会(第13回)「景観法景観形成」実行委員:五十嵐敬喜ほか、於:富士見校舎(Vol.9)

2008.06.14
佐渡大会(第14回)「佐渡の世界遺産と景観」実行委員:田中直紀、高野宏一郎(市長)、牛野正、藤澤和ほか、(Vol.10)

2009.03.07
東京農工大大会(第15回)「景観と観光」、講演:三堀裕雄、加藤忠正、石田三示ほか、実行委員:千賀裕太郎ほか、(Vol.11)

2009.05.31
小豆島大会(第16回)「公共事業と景観」講演:川村晃生、五十嵐敬喜、籠橋隆明ほか、実行委員:川村晃生、現地見学“寒霞渓”ほか見学、(Vol.11)

2009.11.03
設立10周年記念大会、記念講演:尾島俊雄学会長、戸沢光則元明治大学学長、田中真紀子衆議院議員、三野徹元農業土木学会長、進士五十八元造園学会長、重村力元建築学会副会長、馬場璋造学会副会長、五十嵐敬喜学会副会長、濱田政則早大元教授、山路永司東大教授、小澤一郎学会理事、藤澤和学会事務局長ほか(特集号)

2010.08.28
石垣島大会(第17回)「八重山の自然保護と景観形成」実行委員:五十嵐敬喜、島村修、藤澤和ほか、於:石垣市大川公民館、見学会:竹富島ほか、(Vol.12)

2010.11.06
日大三島大会(第18回)「富士山麓の景観を考える」実行委員:佐藤三武朗、 千谷基雄、北岡和義、藤澤和ほか、現地見学:楽寿園・源兵川ほか、(Vol.12)

2011.05.15
工学院大学大会(第19回)「新宿・本音と建前の景観」実行委員:高口洋人、中島裕輔、馬場璋造ほか、(Vol.13)

2011.11.16
山梨芦川大会(第20回)「過疎化と景観」講演:高橋寛治ほか、実行委員長:川村晃生ほか、(Vol.13)

2012.06.17
東大工学部大会(第21回)「震災と景観」講演:鈴木隆介、五十嵐敬喜(総有の思想)ほか、実行委員:山路永司ほか(Vol.14)

2012.10.06
鎌倉大会(第22回)「鎌倉の世界遺産に向けて」実行委員:五十嵐敬喜(三都物語)・藤澤和、卯月 文ほか、於:建長寺、参加者:128名

2013.05.18
堺大会(第23回)「歴史文化を活かした堺の景観」:実行委員:牛野正・工藤庸介、小林一彦ほか、

2013.09. 28
白樺湖大会(第24回)「白樺湖畔の景観保全」実行委員長:尾島俊雄、 テーマ:白樺湖畔の景観再生

2014.09.23
巨大構造物と景観、会場:法政大学市ヶ谷キャンパス、実行委員長:五十嵐敬喜、内容:リニヤ、メガソ―ラ、新国立競技場、防潮堤等

2014.06.15
大槌大会、会場:釜石・大槌地域産業センター、実行委員長:五十嵐敬喜、テーマ「景観から考える復興と防潮堤」

2015.05.30
 農工大大会「サンゴ礁と景観」・「景観哲学」、会場:東京農工大学 実行委員長:千賀裕太郎、

2015.11.22
鹿児島大会「まほろばの国づくり」主催:日本景観学会、後援:鹿児島県・鹿児島市、会場:鹿児島県労働福祉会館、実行委員長:藤澤和、副実行委員長:上村勝行

2016.08.27
小布施大会「小布施景観の真髄と展望」、主催:日本景観学会、共催:小布施景観問題研究会、後援:小布施町、顧問:藤澤和(学会長)、市村良三(小布施町町長)、市村次夫(小布施堂社長)、実行委員長:久保敏幸、会場:小布施町役場3Fホール

(藤澤記)