Monthly Archives: 6月 2015

辺野古の埋立中止を要望する声明(日本景観学会2015年度春季大会)

辺野古の埋立中止を要望する声明

敗戦後70年にわたる沖縄の歴史は、とりもなおさず基地の歴史であったと言っても過言ではありません。「本土」の基地が縮小の方向に向ったのに対して、沖縄の基地負担は増大し、その結果、全国面積の0.6%にすぎない小さな沖縄県に、全国の米軍専用施設の74%が集中するという異常な事態に達してしまいました。私たちはこの事実を黙って見過ごすわけにはいきません。
そうした異常な事態の中で、普天間基地の全面返還の代償として、辺野古に新基地を建設することが決められました。しかも沖縄県知事選挙をはじめとするこの間の度重なる選挙結果に示された沖縄県民の、建設反対の強い民意を無視して強行しようというのです。民主主義社会において、民意はあらゆる案件にわたって最も重んじられねばなりません。したがって沖縄県民のこの思いは、最大限尊重されねばならないはずです。
さて辺野古の大浦湾一帯は、美しい景観と豊かな自然に恵まれた、楽土と言うにふさわしい場所です。青い海の中に、サンゴ礁、マングローブ、干潟、海藻藻場、砂場、泥場が連続し、さらに絶滅の恐れが高いジュゴンが生息する、生物多様性に富んだ沿岸域であります。沖縄県の自然環境の保全に関する指針では、「自然環境の厳正な保護を図る区域」とされてもいます。そこを土砂で埋め立て、V字型滑走路を建設するという行為は、美しい自然や景観への冒瀆以外の何ものでもなく、また国民的自然遺産の喪失でもあります。
しかもその埋め立て用の土砂は、2,062万㎥(東京ドーム17個分、内訳は、山土360万㎥、海砂58万㎥、岩ズリ1,644万㎥)に及び、そのうち岩ズリは西日本各地の、たとえば奄美群島、佐多岬、天草、五島、門司、小豆島、防府等々から掘り取って運ぶことになっています。それは辺野古にとどまらず、「本土」の景観や自然の破壊を招くことを意味してもいます。これまで瀬戸内海や九州の山野海浜は、経済発展の犠牲となって大規模な破壊と収奪を余儀なくされてきましたが、それがいっそう加速されることになるのです。そしてさらにそれは、「本土」側の辺野古の基地建設への加担をも意味すると言えます。私たちはいつまでも同じ過ちを繰り返すわけにはいきません。
1958年の夏、米国統治下の沖縄から、初めて首里高校が甲子園大会に出場しました。初戦で敗退した首里高ナインは、甲子園のグランドの土を沖縄に持ち帰りましたが、その土は沖縄の検疫所の係官によって、海中に投棄されました。その時の選手たちの思いを踏みにじるように、今回はそれとは比べようもない膨大な量の「本土」の土砂が、沖縄の海に投じられようとしています。そしてそれが、沖縄の美しい自然と景観を根こそぎ破壊しようとしています。辺野古の美しい景観は、戦争のための基地とは相容れぬものです。
私たちは辺野古の埋め立てという事件を、自らの問題として捉えつつ、この破壊行為を断念するよう、強く要望するものです。そして辺野古と「本土」の自然と景観を守ることを心から願うものです。

2015年5月30日

日本景観学会春季大会参加者一同

日本景観学会2015年度春季大会開催報告

2015年5月30日(土)に、東京農工大学農学部2号館1階多目的講義室にて日本景観学会2015年度春季大会が開催されました。

1.一般研究発表
相澤利夫「銀座の商業的景観」
木原己人「住民参加型ワークショップによる地域資源を活かした景観形成のアイデア創出」
渡辺光子「鎌倉風致保存会における現代総有の実践」
若井宏平「鎌倉市『緑の洞門』の保全を求める市民運動の経緯と今後の課題」
齋藤正己「辺野古と景観」

2.テーマ研究会「サンゴ礁景観」
以下の2つの詳細な報告がなされ、ディスカッションののち、「辺野古の埋立中止を要望する声明」が採択されました(進行:渡辺光子会員)。
喜多自然(沖縄弁護士会公害対策・環境保全委員会 委員長)「サンゴ礁景観と辺野古埋立て」
中井達郎(日本自然保護協会参与)「サンゴ礁における生物多様性~「場所」・「景観」の多様性~」

3.シンポジウム「景観の哲学」
基調講演1:亀山純生(東京農工大学名誉教授)
「景観の倫理的意義と『美しい景観』-風土共生倫理学から景観を人間学的に考える-」
基調講演2:五十嵐敬喜(法政大学名誉教授)「高野山の景観」
コメント1:川村晃生(慶應義塾大学名誉教授)
コメント2:神田 順(東京大学名誉教授)
パネルディスカッション 進行:千賀裕太郎(東京農工大学名誉教授)

その後17:40から懇親会が開催され、議論の続きや、景観との関連の自己紹介などが行われました。

テーマ研究会以降は、以下リンク先からYouTubeとして閲覧することができます。

 

中井達郎「サンゴ礁における生物多様性」     https://youtu.be/hehWBB4m42g
喜多自然「サンゴ礁景観と辺野古埋立て」     https://youtu.be/ieqc-aHriMQ
理事会提案「辺野古埋立中止を要望する声明」    https://youtu.be/-pyXtugOefc
亀山純生「景観の倫理的意義『美しい景観』」     https://youtu.be/Tyz81y3-64c
五十嵐敬喜「高野山の景観」     https://youtu.be/dRPjQqAcfDU
パネルデスカッション     https://youtu.be/8Y7CWSEwGRg