Monthly Archives: 5月 2014

景観学会の会員の皆様へ

                              2014 年5 月27 日

日本景観学会会員各位

                             会長 五十嵐 敬喜

拝啓、日本景観学会会員諸氏におかれては、時下ますますご清祥のことと存じます。
さて、日本景観学会では、毎年度3月末に「日本景観学会誌KEIKAN」を刊行しておるところでございますが、本年3月に刊行すべき学会誌15 巻1 号が、予定より遅れ、まだ皆さまのお手元に届いておりませんこと、まことに申し訳なく思っております。編集はすべて終わっておりますので、6月早々にはお届けできると思います。いましばらくお待ちいただきたく、お願い申し上げます。
さて、学会誌に同封してお知らせする予定でしたが、学会誌が間に合いませんため、以下の2件について、お知らせします。いずれも、日本景観学会の大会に関してです。

  1. 春季大会として、「景観学から考える復興と防潮堤」と題したシンポジウムを、6月15日(日)に、岩手県釜石市にて開催します。前日には、大槌町住民との懇親会も開催します。詳しくは、こちらをご参照いただき、是非お申し込み下さい。
  2. 秋季大会として、一般発表会およびシンポジウム「巨大工作物と景観」を9月23日(火、祝日)に、法政大学スカイホール(市ヶ谷キャンパス、ボアソナードタワー26 階)で開催します。詳しくは、今後、ホームページ等でお知らせします。是非、ご予定下さい。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。
末筆ながら、みなさまのご健勝を祈念いたします。

敬具

日本景観学会・2014年度春期大会 「景観学から考える復興と防潮堤」

日本景観学会・2014年度春期大会
「景観学から考える復興と防潮堤」

被災地において計画されている総延長370キロメートルに及ぶ巨大防潮堤は、地元の合意形成がなされ事業決定に至って、計画への様々な疑問が噴出しています。その主たる問題は景観と自然環境への影響です。本大会において多様なゲストをお招きし景観学の域を越えた議論を行い、皆さんと今後の被災地復興についても考えたいと思います。

日時:2014年6月15日(日) 9:00~13:10
会場:釜石・大槌地域産業育成センター
参加費:一般参加無料
※6/14 懇親会のみ申込制

大会プログラム
6月14日(土) 夕刻:大槌町住民との懇親会(事前申込制)
6月15日(日)
  9:00 開会挨拶—– 川村晃生
  9:10 ~ 11:10 ゲスト講演
    神田 順(日本大学)
    山本康友(首都大)
    村上處直(防災都市計画研究所)
    ほか、多彩なゲストを予定
  11:10 – 11:30 休憩
  11:30 – 13:00 パネルディスカッション
    進行 五十嵐敬喜
    パネリスト阿部敬一(大槌町在住)、岩崎昭子(釜石市:宝来館)
    神田 順、山本康友、村上處直、他
  13:00 – 閉会挨拶—– 尾島俊雄

問い合わせ、申込み先: 日本景観学会大会事務局
keikan.entry@gmail.com / 04-7136-4876(FAX)

日本景観学会・2014年度大会チラシはこちらからダウンロードできます。