Monthly Archives: 2月 2013

2013年度春季大会(堺大会) 研究発表の申し込みについて

日本景観学会2013年度春季大会(堺大会)は、大阪府立大学中百舌鳥キャンパスにおいて平成25年5月18日(土)に開催を予定しています。この大会で研究発表を行いたい方は、下記要領にてお申し込み下さい。

Ⅰ.講演要領

  1. 講演資格:本学会会員に限ります。ただし、投稿時に入会していただくことも可能です。
  2. 講演内容:本学会の設立趣旨にふさわしい内容を備えたもので、原則として未発表のものを受け付けます。
  3. 講演方法:口頭で発表する形式による個人発表とし、1人1課題とします。
  4. 講演時間:1課題15分(発表10分・質疑4分・準備1分)です。
  5. 要旨集:投稿いただいたすべての原稿を講演要旨集に集録します。
  6. 頭発表の内容は、投稿いただいた講演要旨に準ずる形で、すべて学会誌に掲載する予定です。発表者には、後日ご案内させていただきます。

Ⅱ.投稿要領

  1. 講演原稿一式の提出をもって、申込みとみなします。
  2. 講演原稿は、図・表・写真などを含め1課題2ページとします。Microsoft Wordで作成したデジタルデータで投稿してください。後述の「Ⅲ. 講演原稿の書き方」に従い、執筆してください。
  3. 投稿にあたっては、講演原稿のMicrosoft Wordファイルを電子メールに添付して送信してください。作成するWordのバージョンは問いません。ファイルにセキュリティの設定はしないでください。
  4. 締切:平成25年4月5日(金) (遅延は不可)  ※データ提出後は修正等の差し替えができない場合がございます。

Ⅲ.講演原稿の書き方

  1.   原稿の作成にあたっては、テンプレートをご利用ください。 2013景観学会テンプレート
  2. 文字:文字は、10.5ポイント以上としてください。標準フォントとして、MS明朝、MSゴシック、Times New Romanをお使いください。特殊なフォントは極力使わないでください。また、機種依存文字(①、②、… Ⅰ、Ⅱ、…等)も使わないでください。
  3. 本文原稿の題目は、1ページ目第1行と第2行に中央に寄せ、14ポイントでMSゴシックで記してください。講演者氏名は、題目の下に1行空けて中央に寄せ、11ポイントでMS明朝で記してください。また、連名の場合には代表発表者の前に必ず○印をつけてください。所属は、氏名の下に、氏名と同様の書式で記してください。本文は、所属の下に1行空けて書き始めてください。
  4.  図・表・写真は、本文とともに原稿用紙内に書き込み(あるいは貼り込み)、幅いっぱいにならない図・表・写真は右側に寄せ、左側の空白に本文を書くようにしてください。なお、印刷に耐えうる解像度の図・表・写真を用いるようにしてください。

Ⅳ.投稿・お申し込み・お問い合わせ
日本景観学会大会実行委員会 工藤庸介あて
kudo@envi.osakafu-u.ac.jp
TEL & FAX:072-254-9435
〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1
大阪府立大学学術研究院第2学群緑地環境系

■ 会場へのアクセス
中百舌鳥キャンパスまでのアクセスはこちら

教室の地図は以下をご参照ください。

2013年度 日本景観学会堺大会(セカンド アナウンスメント)

日本景観学会では、以下の予定で大会を予定しております。
一般研究についても公募中ですので、奮ってご投稿ください。
(詳しく事務局までお問い合わせください)

日本景観学会 2013年度春季大会 (堺大会)

■ 開催主旨
古代から近代に至るまで政治、経済、文化の発信地として多様な役割を担ってきた堺には、現在世界文化遺産登録を目指している百舌鳥・古市古墳群をはじめ、中世自由都市の名残などの歴史的背景を色濃く反映した貴重な景観資源を豊富に有している。現代に生きるわたしたちが、これらの価値をいかに評価し、まちづくりや観光といった観点から堺の将来像をいかに描くべきか、近年の話題を取り上げつつ考えてみたい。

■ 開催日時
2013年5月18日(土) 9:30~17:00 (情報交換会:17:30~19:00)

■ 会場
大阪府立大学 B3棟119号室
(〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1)

■ 参加費用
無料(講演要旨集は1,000円)

■ 主催 日本景観学会
■ 後援 大阪府立大学/堺市/アジア都市環境学会

■ 大会プログラム

開会
研究発表会(発表論文の公募情報はこちら)
総会
休憩・昼食
会長挨拶(13:00)
講演会
討論(16:00)
副会長挨拶
閉会(17:00)
情報交換会(別会場 17:30~19:00)

■ 講演会

「堺の景観資源とまちづくり」

□ 講演者(敬称略)
「堺の景観計画」(仮題) 増田 昇(大阪府立大学 教授)
「堺の景観に関する取り組み」(仮題)  休場理夫(堺市都市景観室 室長)
「古墳と維持管理論」(仮題) 五十嵐敬喜(法政大学 教授)

□ パネルディスカッション
コーディネーター:牛野 正
パネリスト:講演者3名+尾島俊雄(日本景観学会会長)、馬場璋造(日本景観学会副会長)

■ 情報交換会
日時:大会当日、17:30頃開始(2時間程度)
会場:大阪府立大学近辺(参加者と予算に応じて検討)
会費:3,500円程度

■ 大会実行委員会
実行委員長:牛野 正
実行委員:工藤庸介、小林一彦
参加お申込み・お問い合わせ先(工藤 kudo@envi(dot)osakafu-u(dot)ac(dot)jp)

■ アクセス
中百舌鳥キャンパスまでのアクセスはこちら

教室の地図は以下をご参照ください。