日本景観学会 2013年度春期大会 「 堺の新しいまちづくり 」



日本景観学会2013年度春期大会

日本景観学会は、2013年5月18日(土)、大阪府立大学にて春季大会を開催致します。

古代から近代に至るまで政治、経済、文化の発信地として多様な役割を担ってきた堺は、現在世界文化遺産登録を目指している百舌鳥・古市古墳群をはじめ、中世自由都市の名残などの歴史的背景を色濃く反映した貴重な景観資源を豊富に有しています。現代に生きるわたしたちが、これらの価値をいかに評価し、いかに後世に引き継いでいけばよいのか、そして、まちづくりや観光といった観点から堺の将来像をいかに描くべきか、近年の話題を取り上げつつ議論してみたいと考えています。
大会実行委員長 牛野 正 (元 京都大学 助教授 日本景観学会理事)

日程:2013年5月18日(土)
会場:大阪府立大学 中百舌鳥キャンパスB3棟119号室
主催:日本景観学会、後援:大阪府立大学/堺市/アジア都市環境学会

プログラム
 10:00 - 12:00 研究発表会
 13:00 - 17:00 公開講演会「堺の新しいまちづくり」              
 17:30 - 19:30 懇親会

※参加申し込みの募集を文末に記載しています。

公開講演会「堺の新しいまちづくり」(大阪府立大学創基130年記念事業)

  13:00 -       開会挨拶
  13:10 - 14:05  増田 昇(大阪府立大学 教授)
            「ランドスケープから捉えた『堺の景観計画』」

  14:05 - 14:45  休場理夫(堺市都市景観室 室長)
            「百舌鳥古墳群と環濠都市の歴史・文化を活かした景観形成」

  14:45 - 15:40  五十嵐敬喜(法政大学 教授)
            「古墳の価値と持続可能性」

  15:40 - 15:55(休憩)

  15:55 - 16:55  討論会
            
            登壇者:上記講演者、尾島俊雄(学会長)、馬場璋造(学会副会長)
            コーディネータ:牛野 正
 
  16:55 - 17:00  閉会挨拶

懇親会 17:30 - 19:30 於:浪花屋 鳥造 中百舌鳥店


※参加申し込み
 以下の内容を記載したメールを、下記宛にお送り下さい。
  (1)氏名 (2)所属 (3)懇親会出欠の有無
 
 申込先:工藤庸介(大会実行委員) kudo(アットマーク)envi.osakafu-u.ac.jp
 締切:5月16日(木)17時
 
 大会参加費(資料代):1,000円
 懇親会参加費:一般4,000円、学生2,000円

このブログ記事について

このページは、事務局が2013年5月 9日 18:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012年度 景観学会鎌倉大会(秋期)  「鎌倉の景観と世界遺産への道」のご案内 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.031