日本景観学会誌 KEIKAN 11


Journalofkeikan11.jpg

日本景観学会誌 KEIKAN 11 (2009年)

巻頭言
「万葉集」と景観  川村晃生(慶応義塾大学教授)

論壇 
「景観学」への道  藤澤 和(明治大学教授)

投稿論文
「施設の景観性能を規定する美的状態に関する研究」  工藤庸介・木全 卓(大阪府立大学)

景観の窓
「ドイツ・ドレスデンー帯のエルベ渓谷の世界遺産登録からの抹消について」  亀岡裕子(学会員)

一般研究論文発表
「中越震災地域における集落景観変化の要因分析」  横野百香・中島正裕
「ESD・環境教育としての自然災害・自然景観」  降旗信― (東京農工大)
「川辺川ダム問題での「住民討論集会」における環境学習」  楠野晋一(東京農工大)
「観光資源としての景観―住民意識向上の取り組みについて」  高野洋平(KK佐藤総合計画)
「景観保全活動及びエコエネルギー普及活動による農村地域活性化― ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ローデンブルグ郡を事例に」  有島沙織(農工大)・山路永司(東大)・千賀裕太郎(農工大)
「高度規制緩和型の空間制御過程における市民参加に関する研究―市川市真間山緑地保全運動の事例より」  山岸達矢(新宿自治創造研究所)
「住民と地域環境との関わりの深さが住民の景観理解に与える影響について―滋賀県犬上郡甲良町北落集落を事例として」  鹿倉史生・庄子大地・千賀裕
太郎(東京農工大)
「皇居外苑濠の水質と景観(その3)」  海賀信好(KK日水コン)・世良保美((財)東京都予防医学協会)・出口浩(東京理科大)・伊東豊雄(伊東豊雄建築設計事務所)
「飛森谷戸におけるホタルの生息環境についての研究」矢部加奈・草間淳平・永田良美・藤澤和(明治大学)

  • 2008年度研究発表会 (於 東京農工大学)  千賀裕太郎(実行委員長)
シンポジウム「景観と観光」
パネラー:野口忠直(府中市長)・千賀裕太郎(農工大教授)・三堀裕雄(旅行ライター)
・黒田乃生(筑波大准教授)・加藤忠正(川越市役所)・石田三示(鴨川市)・久保謙治(府中市役所)

  • 2009年度現地研修小豆島大会(於 小豆島)  川村晃生(実行委員長)
基調講演
「公共事業と景観」  五十嵐敬喜(弁護士・法政大学教授)

「自然の権利」と景観  籠橋隆明(弁護士)
シンポジウム 川村晃生(司会:慶応義塾大学教授)

  • 日本景観学会創立10周年記念大会 (於 明治大学)  藤澤和(実行委員長)
挨拶  藤澤和
歓迎の辞  戸沢充則
学会長挨拶  尾島俊雄
祝辞  田中眞紀子
報告  山路永司

基調講演
「総有の思想と景観」  五十嵐敬喜(弁護士・法政大学教授)

座談会
「景観形成の課題」  馬場埠造(座長:建築評論家)
パネリスト:
都市計画・小澤一郎
建築・重村 力
土木工学・濱田政則
造園・進士五十八
農業農村工学・三野 徹

学生から見た大会の感想

  • 支部報告
静岡東部支部大会報告  千谷基雄(静岡東部支部理事)




このブログ記事について

このページは、事務局が2010年12月25日 15:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「理事会開催」です。

次のブログ記事は「2011年 日本景観学会工学院大学大会のご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.031