日本景観学会誌 KEIKAN 4

| コメント(0) | トラックバック(0)
Journalofkeikan4.jpg

日本景観学会誌 KEIKAN 4 (2003年3月1日発行)
挨拶  伊住政和(裏千家)
訃報  伊住政和(裏千家)

研究論文
「分権時代の郡部における景観行政の手法」  岩橋浩文(熊本県)

第2回現地研修会  (於:川越市)
開会の辞  馬場璋造  (実行委員長・日本景観学会副会長)
挨拶  舟橋功一(川越市長)
基調講演
1) 石黒哲郎(芝浦工大教授・川越市都市景観審査会会長)
2) 内田雄造(東洋大学工学部長・川越市伝統的建造物保存地区保存審議会会長)
3) 可児一男(?番街町並み委員会委員長・蔵の会会長)
論壇
「21世紀の川越の町並み?景観運動一」浅井賢治(東洋大学工学部建築学科講師)

第4回学会大会  (於:松山市・内子町)
開会の辞  佐藤晃一(実行委員長・今治明徳短期大学長・愛媛大学名誉教授・学会副会長)
【城のみえるまちなみ?松山における景観?】
祝電  中田宏(横浜市長) / 牧野隆史(愛媛新聞社代表取締役社長)
祝辞  加戸守行(愛媛県知事) / 鮎川恭三(愛媛大学長)
基調講演  黒川紀章(黒川紀章建築都市設計事務所長・学会長)
記念講演  長谷川孝士(松山市立子規記念博物館長)「子規のふるさと松山への想い」
パネルディスカッション テーマ「城のみえるまちなみ?松山における景観」
・コーディネーター
  佐藤晃一(今治明徳短期大学長・愛媛大学名誉教授・学会副会長)
・パネリスト
  別府恵子(松山東雲大学長)
  多田善昭(建築家)
  柏谷増男(愛媛大学教授)
  岡崎直司(愛媛地域づくり研究会議運営委員)
・コメンテーター
  山路永司(東京大学大学院教授)
  守谷和久(?都市計画研究所)

【暮らしや歴史を活かす?内子の景観?】
基調舗演  藤沢和(明治大学教授・学会専務理事)「内子は景観から日本一になれる町」
パネルディスカッション  テーマ『暮らしや歴史を活かす?内子の景観?」
・コーディネーター
  櫻井雄二(愛媛大学教授)
・パネリスト
  藤沢  和(明治大学教授)
  伊東  孝(日本大学教授)
  河内紘一(内子町長)
  大木  雄(石畳自治会村づくり部部長)

学会大会見聞録「内子町を中心として」  籾山次郎

景観広場
景観文芸エッセイ「思想としての景観」  斎藤全彦(丸全景観環境研究所長)
自由詩「石が伸びる」   常木みや子
自由詩「淡路島」、「ルミナリエ」  向井  洋






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keikangakkai.jp/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする

このブログ記事について

このページは、事務局が2010年11月20日 17:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本景観学会誌 KEIKAN 3」です。

次のブログ記事は「日本景観学会誌 KEIKAN 5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.031