日本景観学会誌 KEIKAN 10

Journalofkeikan10.jpg

日本景観学会誌 KEIKAN 10 (2008年)

  • 2008年度 日本景観学会 現地研修 佐渡大会
「世界遺産と景観   美しいしまづくり・環境にやさしいしまづくり」

開会挨拶
歓迎の辞  高野宏一郎(佐渡市長)
開会宣言  田中直紀(大会実行委員長・学会理事)
学会長挨拶  尾島俊雄(学会長・早稲田大学名誉教授)

基調講演1
「うつくしいしまづくりを達成するための方策」  杉崎善次(SADO伝統文化と環境福祉の専門学校)

基調講演2
「佐渡の景観?町家のかたちと文法?」  西村伸也(新潟大学工学部)

基鯛調演3
「佐渡はどのような「普遍的価値」を持っているか?」  五十嵐敬喜(法政大学法学部)

シンポジウム「世界遺産と景観?うつくしい島づくり?」
はじめに  馬場璋造(建築家)
「佐渡金銀山と世界遺産」  小田由美子(新潟県教育庁文化行政課)
「トキ・佐渡の大空へ」  近辻宏帰(元佐渡トキ保護センター長)
「美しく、環境にやさしい島づくり」  高野宏一部(佐渡市長)

パネルディスカッション 司会 馬場璋造(建築家)

佐渡宣言  牛野 正(学会理事)

閉会挨拶  藤沢 和(学会専務理事)

佐渡大会を顧みて  籾山次郎(学会理事)


  • 2008年度 日本景観学会 川崎大会
"音景観から川崎の文化を考えよう"

開会挨拶
挨拶  藤沢 和(実行委員長)
学会長挨拶  尾島俊雄(学会長・早稲田大学名誉教授)
祝電  松沢成文(神奈川県知事)
歓迎メッセージ  阿部孝夫(川崎市長)  (代理)篠崎伸一郎(まちづくり局長)
挨拶  松下孝則(副実行委員長、宮前区長)

コメント1 
小布施景観宮本理論  宮本忠長(宮本忠長建築股計事務所)

コメント2
世界遺産を事例として  五十風敬喜(法政大学法学部)

基調講演
川崎市の都市のデザイン   和田忠也(川崎市街づくり局)
1/f ゆらぎと生活   武者利光(東京工業大学名誉教授)
音景観の創造に向けて   小松正史(京都精華大学)
音景観が作曲家に与えたもの  鈴木秀樹〈慶臓義塾幼稚舎)

事例報告
住民参加による飛森谷戸の自然を守る活動   高木一弘・矢澤 茂(飛森谷戸の自然を守る会)
平瀬川流域のまちづくり  松井隆一・本郷一雄・井田耕夫(平瀬川流域まちづくり協議会)
平瀬川における水車設置計画  西山圭祐・横山広樹・安藤 哲・加藤大稔・高橋嶺治・藤沢 和(明治大学)
多摩川風景 鈴木珠奈(慶晦瀧塾幼稚舎)

アトラクション
混声合唱団コール・エスペランサ
小松正史(京都精華大学)

総括
閉会挨拶


  • 支部報告
日本景観学会熱海支部  平成19年度活動報告  富田榮仁(熱海支部事務局長)

このブログ記事について

このページは、事務局が2010年11月25日 19:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本景観学会誌 KEIKAN 9」です。

次のブログ記事は「日本景観学会誌 KEIKAN バックナンバー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.031