数量は多 信憑 朝日新聞出版 奇譚ルーム

朝日新聞出版 奇譚ルーム

奇譚ルーム,keikangakkai.jp,朝日新聞出版,/freshness457891.html,539円,本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 実用スキル , その他 539円 朝日新聞出版 奇譚ルーム 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 実用スキル その他 信憑 朝日新聞出版 奇譚ルーム 信憑 朝日新聞出版 奇譚ルーム 539円 朝日新聞出版 奇譚ルーム 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 実用スキル その他 奇譚ルーム,keikangakkai.jp,朝日新聞出版,/freshness457891.html,539円,本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 実用スキル , その他

539円

朝日新聞出版 奇譚ルーム



奇譚ルーム

はやみね かおる 作 / しきみ 絵

ISBN:9784023316591
定価:1058円(税込)
発売日:2018年3月15日
四六判並製 248ページ





「都会のトム&ソーヤ」シリーズや「名探偵夢水清志郎」シリーズ(いずれも講談社)のベストセラー作家、はやみねかおるがヤングアダルト向けに書き下ろしたミステリー。
舞台はSNSの仮想空間「ルーム」。ここはホストがテーマごとにルームを設定し、ゲストを招待する。主人公の“ぼく”が招待されたのは、奇譚マニアのルーム。奇譚とは「不思議な話」のことだ。そして、このルームの目的は、一人ずつ自分が知っている奇譚を披露すること。“ぼく”以外の参加者は、探偵、人形遣い、遊民、先生、マンガ家、アイドル、新聞記者、ヒーロー、少年、そして、マーダラー(殺人者)――。「私はマーダラー。これから一人ずつ殺していくのだよ。」マーダラーいわく、「ルーム」内の死は、現実の死とシンクロしている。マーダラーとはいったい誰なのか?招かれた10人への死の制裁には何か目的があるのか?バーチャルの世界と現実の境目が溶けていく心理ミステリー。
※中学生以上の漢字にルビ付き。

朝日新聞出版 奇譚ルーム